海外移住

オーストラリア移住の準備でやったほうがいいこと【これが必要です】

オーストラリア移住する人
オーストラリア移住する人
オーストラリア移住するのに、どんな準備が必要かな?

 

こんな疑問に答えていきます。

 

こんにちは、たつやです。

 

オーストラリアに移住して、19年になります。

 

先日、こんなツイートをしました。

 

 

上記以外にも海外移住の準備でやったほうがいい事がいくつかあります。

 

ということで、今回は、海外移住するのに「これはやったほうがいいこと」について解説していきます。

 

ここでは、参考になったツイートも貼り付けて、紹介していきます。

 

この記事が、将来的に海外移住する人の準備に役立てれば幸いです。

 

それでは、さっそく始めましょう!

 

オーストラリア移住の準備でこれはやったほうがいい

オーストラリア移住の準備でこれはやったほうがいいです。

 

海外転出届(住民票・国民健康保険・国民年金)
日本の銀行は少額を入れて開けておく
日本のクレカかデビットカードがあると便利
日本の携帯をSIM解除して使う
出来たら運転免許の更新
歯のチェックと治療を済ませる
海外保険に入る
住むところを決める
住所が決まったら在留届

 

 

ここから深く解説していきます。

 

 

海外転出届

僕は海外転出届を出して、住民票を抜いて、国民健康保険と国民年金を止めて海外に出ました。もちろん、余分な税金を払いたくないので、、、

どうしても日本の病院を使いたいなら、海外転出届は出さないで国民健康保険を使うこともできますが、その分の費用はかかります。

 

僕の友人は国民健康保険を止めて、日本に一時帰国する時に再発行して使うようですが、

日本滞在に時間的余裕があるなら、それも可能です。

 

ここでは、住民票を抜くタイミングについてのアドバイスを、はじめさんからツイッターで教えてもらいました。

 

タイミング良く海外転出届は出したほうがいいですね。

 

日本の銀行は少額を入れて開けておく

銀行口座の維持費がかからないのなら、開けておくと便利です。

最近、僕はブログのドメイン代を払うのに、日本の銀行振込を利用しました。

オーストラリアにある銀行から送金をすると、手数料が取られるのと為替に影響するので、おすすめはできないです。

だから銀行口座を開けておくと便利です。

 

日本のクレカかデビットカードがあると便利

日本のサイトで契約したブログのドメイン代をクレジットカードで済ませたかったのですが、海外で発行されたクレジットカードでは日本のサイトでは使えないとのこと。

だから日本からクレカかデビットカードを持ってくると日本のサイトでクレカ決済が出来るので便利です。

 

あとは海外のATMから現金を引き出せるので、現金をあまり持ち歩かなくていいし、

ほとんどのお店がクレカで買い物ができるので、現地でデビットカードを作るまでは、日本のカードがあると便利です。

 

多くのクレカやデビットカードがあるので自分に合ったものを選ぶといいです。

 

楽天銀行デビットカード(VISA)

SMBCのプレスティア

 

通常だとATM利用手数料と海外事務手数料がかかるけど、上記のカードは海外ATM手数料は無料(3%の海外事務手数料はかかるけど)なのでお得です。

 

プレスティアのグローバルパスの情報を教えて下さったこじこさん。

 

 

日本の携帯をSIM解除して使う

これは日本で使ってる携帯を海外で使いたい場合です。

日本の携帯をSIM解除にすれば、海外で売られている格安SIMを使うことができます。

 

僕はシドニーで安い携帯を買いましたが、日本で使ってるiPhoneとかもSIM解除で使えます。

 

ちなみに、オーストラリアでiPhoneとかSamsungは高いので、日本で購入したほうが安いです。

 

ただ日本の携帯は痴漢防止のためシャッター音がついてくるので、シドニーではそれが目立つかもです。。。

 

以前に、格安プリペイドSIMについて書いた記事があるので良かったら参考にしてみて下さい。

 

オーストラリアの携帯は契約よりプリペイドSIMがおすすめ【体験談】オーストラリアで携帯を持つならプリペイドSIMがおすすめです。シドニー在住の僕が選ぶ、おすすめのプリペイドSIMはamaysimです。僕は以前に2年契約の携帯を使っていましたが、プリペイドSIMに変えました。ここではSIM解除の携帯やプリペイドSIMついて解説してます。...

 

 

出来たら運転免許の更新

運転免許の更新日を過ぎると、運転免許センターに行って講習を一日中聞かなくてはいけないので、出来ることなら前もって更新はした方がいいです。

 

僕は日本に帰国するたびに、運転免許センターに行って更新をしてましたが、

正直、講習は長いし、めんどくさいです。

 

それを考えると、日本の免許は更新せずに、海外の運転免許証と日本に行くときは国際運転免許証で運転するのがいいです。

 

 

歯のチェックと治療を済ませる

これは海外移住する国にもよりますが、歯の治療は海外は高いのが一般的です。

僕は基本的なプライベートの保険に入ってますが、これでも大きい歯の治療、例えば神経治療や被せものなどの費用の全てはカバーされないです。

 

だから月々のプライベートの保険代を払うよりも、その分を貯金した方がいいかもしれません(僕はそうしてます、、)。

 

僕のシドニーでかかった治療費はこんな感じです

 

  • チェックアップ+クリーニング ⇒ 200ドルぐらい
  • 虫歯治療 ⇒ 250~600ドル
  • 被せもの ⇒ セラミック1890ドル、コンポジット500ドル

 

とかなり高額です。僕はオーストラリアに来てから、かなりの金額を払っています。

だから日本で歯の治療は安く済ませたほうがいいです。

 

音声配信でもシドニーの歯科事情について話しているので、よろしければご視聴お願いします⇩

 

海外保険に入る

ワーホリと学生ビザによって保険加入が変わります。

 

学生ビザ ⇒ 保険に入る義務がある
ワーホリ ⇒ 保険加入の義務はない

 

オーストラリアの医療費、市民・永住者以外は高いので、

僕がワーホリで来た時は保険に加入してました。

 

救急車呼ぶだけで400~1700ドルかかるので(州による)、それだったら保険に入ったほうがいいかと思います。

 

 

住むところを決める

ホームステイでもいいし、ホステルにしばらく泊まってからシェアハウスに移るのもいいかと思います。

できたら荷物は少なめで来て、現地で物を揃えるのがいいです。

オーストラリアには多くの日本人が暮らしているので、ほとんどの物が揃います。

 

僕がシドニーに来た時は、住むところを決めずに来たので、最初はホステルに滞在していました。

 

いろんなやり方があるので、自分にあった滞在方法で暮らしていけば良いですね。

 

ちなみにシェアハウスの情報は日系サイトや現地サイトから探すことが出来ます。

 

例えば、こんな感じです。

 

Jams.TV(オーストラリア)

NICHIGO PRESS(オーストラリア)

Cheers(シドニー)

Gumtree(英語)

Flatmates (英語)

 

などのサイトを参考にして見てください。

 

 

住所が決まったら在留届

3ケ月以上海外に滞在する場合は、日本大使館・領事館に在留届を提出する必要があるのですが、そんなに急いでする必要もないです。

ただ将来的に移住の関係で戸籍抄本や警察証明などを申請するときに、在留届を出してから、それらを申請することになります。いずれはやらないといけないのです。

 

 

海外移住の準備でやること番外編

ありがたいことに、ツイッターでアドバイスを頂きました。

海外移住する前にやった方がいい事について、ここでシェアします。

 

Yoshiさんからのアドバイス

 

 

Jukeさんからのアドバイス

 

 

たきさんからのアドバイス

 

 


モモハスさんからのアドバイス

 

 

Jakkoさんからのアドバイス

 


株投資おじさんからのアドバイス

 

 

あとは、忘れちゃいけない、オーストラリア変換プラグ。ハの字になっているコンセントです(真ん中はなくても大丈夫)。


 

 

 

あと、シドニーにもし来るのなら、この本もお勧めです。
 



 

 

オーストラリア移住の目標は明確でなくてもいい

オーストラリア移住の目標は明確でなくてもいいのです。

やっぱり海外に行って暮らしてみないと分からないからです。

 

20代なら若さと勢いで海外に行けるとか、

 

30代ならしっかりとした目標を持ってないと ⇒ 将来のキャリアプランがダメになる、

 

とかあるみたいだけど、

 

やっぱり行きたい時が適齢だと思う。

 

僕は30歳になる直前でオーストラリアに来たけど、しっかりした目標はなかったです。

 

その後の人生について少しは考えたけど、やっぱり行ってみないと分からない。

 

当初は一年のワーホリ後、東南アジアに行ってダイビングでもやろうかと思ったけど、、

 

シドニーが暮らしやすくて結局は移住してしまった。

 

最初から目標を持って海外に行くこともいいけど、

 

しっかりとした目標がなくても大丈夫だし、ワーホリとかで取りあえず行ってみて、海外移住できそうか判断するのがいい。

 

もしかしたら、海外での暮らしがすごく自分に合ってるかもしれない。

 

または、そうでないかも知れない。。。(悲)

 

分かっただけでも良いかと思います。

 

やりたい事をやってから、後悔する人はいないです。

 

だから明確な目標がなくても大丈夫です。

 

 

オーストラリア移住の準備で日本でやった方がいいこと

オーストラリア移住が上手くいくために、日本にいる間にやった方がいいことがあります。

 

例えば、下記です。

 

英語の勉強
頑張って貯金
スキルや仕事経験

 

ここから深く解説していきます。

 

英語の勉強

英語に関しては言うまでもなく、やはり日常会話レベルは欲しいところです。英語力があれば、現地の人と話したりして、暮らしが楽しくなっていくからです。

 

例えば、

 

郵便局のおばちゃんと話して何か書類を届けるとか

給料の振込で銀行口座を開けるとか

Flatmatesでシェアハウスを探すとか

 

色々と英語力が必要になるので、前もって英語力をつけておいた方が楽になります。

 

僕が本格的に英語を勉強したのはカナダのワーホリから、帰ってきてからです。。。

 

英語の必要性を感じたのと、もっと英語を使って生きていきたいのと、

ワーホリでオーストラリアに行こうと決めていたからです。\(^_^)/

 

今思えば、IELTSとかの英語テストを目標設定にして、モチベを上げて勉強すれば良かったです。

 

目標なく、ダラダラと英語を勉強しないで済むし、最終的には英語の資格も手に入るので、ぶっちゃけ価値があります。

 

英語力があるとすべてが変わります。

やる仕事も、付き合う友達も、ほんと変わります。だから勉強したほうがいいです。

 

英語力ゼロの僕がどうやって勉強してオーストラリアで海外就職できたか英語力ゼロだった僕が勉強してオーストラリアで海外就職した方法です。英語偏差値50以下でも勉強すればシドニーにある現地企業で会計士として働けます。ただ「海外に暮らしたい」という思いだけでしたが、何とかここまで来ることができました。そして苦手だった英語も、今では職場で毎日使っています。海外就職に必要な英語について解説していきます。...

 

 

頑張って貯金

これは海外移住する国の物価によって変わってきますが、僕がオーストラリアにワーホリで来た時は、約100万円を用意しました。

 

シドニーにあるシェアハウスでオウンルーム(自分の部屋はあるけど、トイレ・キッチン・シャワーはシェア)を借りる場合は、週200~300ドルぐらいはかかります(1ドル=80円ぐらい)。

 

家賃だけでも月に8~9万円ぐらい、語学学校に行ったら1ヶ月約10万円ぐらいはかかります。

 

仕事も直ぐに見つかるとは限らないし、海外でお金のストレスに悩むのは悲惨なので

お金には余裕をもって来た方がいいです。

 

以前にシドニー郊外の生活費について書いた記事があるので、よろしければ参考にしてみて下さい。

 

シドニー郊外に住むのもいいですよ。。。\(^_^)/

 

シドニーで暮らすと生活費はどれくらい?ズバリ家賃と食費が高いですシドニーに暮らすと生活費は高いと感じますが、とくに高いのは家賃と食費です。今回は、僕の家の生活費を例にして解説していきます。家族構成は三人家族で夫婦と4歳の息子です。住んでいる場所は、シドニー南部の郊外 Sutherland Shire という地域です。だいたい電車でシドニー市内から45分ぐらいの距離で、近くにビーチや国立公園があり、自然がすぐ楽しめるエリアです。1ヵ月の生活費をまとめると、以下のようになります。ここでは1ドルを75円で計算しています(2019年6月現在)...

 

 

スキルや仕事経験

日本人は語学力でネイティブに劣るので、スキルを身につけて海外で生きていくのがいいです。

だから、スキルや仕事経験を積んでおくと、こっちで仕事探しの時には有利になります。

 

例えば、僕の友人は日本でシェフとして働いていたので、シドニーで寿司シェフとして働いて、その後にビジネスビザをもらい、そこから永住権を取得しました。

 

他の友人は日本で経理の仕事をしていたので、シドニーにある日系企業で経理の仕事をしていました。

 

日本にいた時は、スキルとか考えていなかったので、経理やITのスキルや経験があれば良かったと、、今では後悔しています。

 

日本の仕事経験はオーストラリアに移住してからも使えるので、

 

これから海外移住するなら、スキルや経験を意識したほうがいいです。

 

オーストラリアで日本人が就職するにはどうしたらいいのか【僕は会計士になった】オーストラリアで日本人が就職するポイントについて解説しています。僕は日本語が話せるメリットを使って、ローカル企業に就職が出来ました。最初に働いていた観光業界では日本語を話せるスタッフが必要だったので、そこでしばらく働いてからキャリアアップをしていきました。現在はローカル企業で会計士として働いています。...

 

 

まとめ

今回のブログ記事、前半では海外移住の準備について、後半からは海外移住は明確な目標はなくてもいいし、行ってみないと分からないよ、という事について解説してきました。

海外に「もう少し暮らして見たいな」と思ったら、移住を検討するのもいいですね。

英語力、貯金、スキル+仕事経験を意識して身につけておくと、その後の海外移住が楽になります。

色々と書きましたが、今回はこの辺で最後にします。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

それではシドニーでお会いできるのを楽しみにしております。。\(^_^)/