海外就職・英語

海外移住して英語ができないのは損だから勉強はしたほうがいい【経験談】

海外移住したい人
海外移住したい人
海外移住して英語ができないのはダメかな?

 

こんな疑問に答えていきます。

 

こんにちは、たつやです。

 

英語は苦手でも、海外移住することができました。

 

この記事では海外移住を考えているけど、英語が苦手で海外で暮らすことをためらっている人に向けて書きました。

 

この記事をきっかけに、苦手な英語の勉強を少しでも頑張ってくれたら幸いです。

 

海外移住して英語ができないと損だから勉強するのがいい

海外移住して英語ができないと損だから勉強するのがいいです。

僕の経験上、英語ができないと選択肢が狭まるからです。

 

僕が初めてワーホリでカナダに行った時もそうです。

 

日常会話ぐらいの英語はできましたが、もっと英語ができていれば、現地の人と深く(長く、、)話すこともできたし、親しいカナダの友達もできたと思うのです。

 

ローカルの仕事も自信もって探すこともできたし、オフィス系の仕事にも挑戦できたかも知れません。

 

カナダでは、たくさんのいい思い出はあるけど、日本人の友達とほぼ一緒にいました。

異国の地で、日本人に会って暮らすだけで、僕の場合は、あまり日本にいるのと変わらない生活でした。。

 

そんな中、知り合いの日本人はカナダのトロントにあるユースホステルでバリバリと働いており、同僚はカナダ人で友達もカナダ人でした。

 

彼も(僕と同じで)ワーホリでカナダに来ていたけど、英語のレベルが違い過ぎた。。。

 

僕とその日本人とカナダ人の友達で遊びにいったら、彼らの会話には全く入っていけず、英語の凄さに圧倒されました。

 

同じ日本人だけど彼はローカルで働いて、僕はジャパレスで働く、、彼がカナダ人と一緒に働いている姿を見て、カッコイイと思いました。。。

 

英語ができないと、付き合う友達や仕事も違ってくるので、ホント選択肢が狭くなります。

 

だから日本で英語の勉強を頑張って、少しでも英語のレベルを上げたほうが、仕事面や生活面で楽しくなっていくと思うのです。

 

英語のレベルによって、海外の暮らしが変わるので、頑張って英語の勉強はするのがいいです。

 

海外移住の英語は会話を中心に勉強したほうがいい

海外移住の英語は会話を中心に勉強したほうがいいです。

仕事や生活をする上では、会話が一番大切だからです。

 

仕事を探すなら面接、そして採用後には上司や同僚との引継ぎやミーティングあります。

生活面でも、銀行口座や携帯電話の手続きなどで、会話力が必要になります。

 

英語が苦手な僕が日本で勉強した方法は

 

  • 英語の文法 ⇒ English Grammar in Use

 

英会話力が大切なのに「どうして文法を勉強するんだ!」と思うかもですが、基本的な英文法を理解していないと、会話の文法も組み立てられないからです。

 

僕はこの本をひたすら音読しながら、覚えていきました。

最初から順番にやる必要もなく、分からない所からやっていくのもいいです。

 

あとは音読だけでは、なかなか頭に入らないので、英語の日記を書いてみるのもいいです。

 

英語日記をやると、頭の中で構文が整理できて、会話の時に、そのままフレーズを使うことができるので便利です。

 

  • 英単語や英熟語 ⇒ 英単語帳Duoや速読速聴・英単語

 

例えば上記の本を使って、ひたすら音読で反復練習、シャドーイングをしていました。

 

あとは圧倒的にネイティブとの会話が少ないので、

 

英会話喫茶(English Cafe Mickey House)や英会話学校も積極的に参加していました。

 

会話を上達させるには、話すことが大切だと思うので、ぶつぶつと独り言のように音読もしていました。

 

最近では、ツイッターやInstagramを利用して英語の勉強も出来るので、それらの英語アカウントをフォローしてみるのもいいですね。

 

Masaさんの英語アカウントはおすすめです。実際に使われている英語が豊富で実践的です。

 

Masaさんが仰るには、オンライン英会話をやるなら下記のポイントを考えるのもいいです。

 

Feedbackはチャットで送ってもらってますが、今回は単語の使い方を指摘されました。最初にフィードバックをして欲しい旨を伝えるのもオンライン英会話では大切ですね。

 

 

 

Ryuさんの英語学習ツイートも勉強になりました。

 

 

しゃけこさんのツイートも勉強になりました。

しゃけこさんはインスタもやっているので、フォローしてIELTSの勉強するのもいいかと思います。

 

 

上記のように基本の英文法を勉強してから、あとはひたすら英単語・英熟語を覚えて、実際に英会話学校やオンライン英会話などでアウトプットするのが大切なのです。

 

だから、英語は使わないと覚えないし、忘れていきます。。。(経験談)

 

英語の偏差値50以下だった僕がコツコツ勉強して、

IELTS – Academic 6.5, General 7.0になりました。

 

だから毎日コツコツと英語の勉強をするのが大切なのです。

 





英語ができなくても海外移住してもいい

英語ができなくても海外移住してもいいのです。

何だかんだで、日系の会社などを利用すれば移住先で働けるからです。

 

オーストラリアのように日本人が多く住む国では、日系の会社はたくさんあります。

 

そう、ぶっちゃけ英語が出来なくても暮らしていけます。。(笑)

 

日系の情報誌、Nichigo PressJAMSに色々なサービス、引っ越し、仕事探し、シェアハウスなどの情報を見つけることが出来るし、日本語でやり取りすることも出来ます。

 

例えば、僕の友達は日本でシェフとして働いて、英語とは無縁の生活をしていました。

そんな彼がワーホリでシドニーに来たけど、、英語では困ったことがないよう。

 

というのも、彼は到着早々、ジャパレス(日本食レストラン)で働き始めて、日本人の友達を作り、同僚も日本人だったので、仕事で英語を話す必要がなかったからです。

 

そんな彼もワーホリが終わったら、ジャパレスにビザスポンサーをしてもらって、就労ビザでしばらく働いてから、永住権を取得しました(その時に英語の勉強はしたそうです)。

 

永住権を申請する時、IELTSの勉強は必要だけど、それ以外は英語が出来なくても、海外移住はできるのです。

結局は、職場やシェアハウスでも日本語の環境だからです。

 

スキルや仕事経験も大切

ただ英語ができないなら、それをカバーできる「スキル」や「仕事経験」も大切なのです。

 

友達はシェフのスキルでしたが、別の友達は日本で経理の経験があり、シドニーにある日系の会社で経理の仕事をしていました。

 

こんな感じで、最初は自分の持っているスキルや仕事経験を利用して、ジャパレスや日系の会社で働いて仕事経験を積み、それと同時に英語もコツコツと勉強して、

 

英語に自信がついたら、ローカルのレストランや会社に転職をするのがいいです。

 

そう英語ができなくても、移住はできます。

 

ただ、スキルや仕事経験があるほうが、その後の永住権には繋げやすいので

 

前もって、頑張ってスキルや仕事経理を得るのも大切です。

 

海外移住してゼロから英語を勉強するのはもったいない

海外移住してゼロから英語を勉強するのはもったいないです。

語学学校の費用や時間がもったいないからです。

 

僕が初めてカナダの語学学校に行った時は、日本である程度は英語の勉強をしていたので、中級ぐらいのクラスから始めることが出来ました。

 

授業は難しくもなく、これといって素晴らしいという訳ではなかったです。

 

ただ、違う国から来ているクラスメイトと話したり、遊んだりするのが楽しく、勉強よりは留学生同士の交流が楽しかったです。

 

英会話を鍛えるなら、クラスメイトや先生と話すことも大事だけど、

 

例えば、英文法などは、自分でも勉強できるので、わざわざ英文法を勉強するのに、語学学校に通うことはないかなと思いました。。

 

英熟語や英単語の本を一冊、それにオンライン英会話を利用すれば、日本でも英語をかなり伸ばすことが出来ます。

 

海外にいるなら日本では出来ないことをやって、英語を学ぶほうがいいかと思います。

 

例えば、バイトをして同僚と英語で話すとか、大学の日本語サークルに行ってみて、日本語と英語のランゲージエクスチェンジを探してみるとか、、、

 

僕もカナダ人と日本人の交流会などに行き、そこで仲良くなった友達もいます。

 

日本で英語の勉強をして語学に自信をつけておけば、カナダに行ってカナダ人のようにローカルのバイトをしたり、シェアハウスに暮らしたりできます。

そこから、仕事や生活を通して、生きた英語を学べます。

 

生きた英語は日本ではなかなか学べるチャンスがないので、そこに時間を使うべきです。

 

まとめ

海外移住して英語ができないのは選択肢が狭くなるけど、海外移住は出来ると思います。

ただ本格的に移住するなら、日本でスキルや仕事経験などをつけておくことも大切です。

それと同時に英語の勉強をしておけば、スキルx仕事経験x英語、で選択肢が増えます。

今回は、色々と書きましたが、この辺で最後にします。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。