海外就職・仕事

【ワーホリ体験談】仕事探しどうやる?オーストラリアで仕事の探し方

オーストラリアのワーホリの仕事どうやって探すのかな?どんな仕事があるのかな?

 

こんな疑問に答えていきます。

 

こんにちは、タツヤです。

 

ワーホリの時、バックパッカーズ、ジャパレス、お土産店で働いてました。

 

僕はシドニーでワーホリ、学生、社会人と経験して、色々な仕事を経験してきました。

 

現在では会計士として、シドニーの現地企業で働いています。

 

この記事では僕の経験も踏まえて、オーストラリアのワーホリの仕事探しについて解説していきます。

 

 

 

オーストラリアでワーホリの仕事の探し方

オーストラリアでの仕事の探し方をまとめてみると、以下のようになります。

 

ローカル、日系のジョブサイトで探す
掲示板、日系の無料情報誌から探す
お店の飛び込みから探す
友達、知人からのコネで探す

 

 

ここから、深く解説していきます。

 

 

ローカルのジョブサイトで仕事を探す

オーストラリアのローカルの仕事は、一般的にジョブサイトを使って探します。

 

大まかな流れとして、ほとんどの仕事はジョブエージェントが仲介に入っていて、エージェントが雇用者に良い候補者を提供します。

 

エージェントから電話連絡があるので、その時に面接の日時やビザの種類などを聞かれます。電話が無い時は、メールで「残念ながら落ちました」と連絡がきます。

 

SEEK オーストラリア No.1の仕事検索エンジン

 

オーストラリアでは一番有名な求人サイトです(僕も使っています)。無料なのでアカウントを作ったほうが良いです。

 

オーストラリアNo.1の仕事検索エンジンというだけはあって、たくさんの仕事があります。

例えば、ウエイトレス、料理人の補助、シェフ、ショップ店員、プログラマー、フルーツピッキング、工場でのパッキングなどの仕事です。

 

日本の職歴や資格でもいいので、Resume(履歴書)、Cover Letter(自己紹介を書いたもの)を用意して、自分のアカウントに保存しておくと便利です。

 

僕は携帯にアプリをダウンロードしていて、良さそうな仕事があったら保存してある Resume(履歴書)を使って申し込みます。

 

 

SEEK

 

 

Working holiday を検索 (Whatの欄) したら、なんと3,000件以上の仕事が見つかりました。

どうですか?これだけあれば、仕事をゲットできそうですね。

Resume、Cover Letterを用意して、ダメもとで応募するのがいいです。

 

LinkedIn も検索エンジンを使って仕事を探せます。

 

同僚とプロフェッショナルなネットワークを作ることができます。そして、そこからジョブエージェントに繋がって仕事を探すこともできます。

 

エージェントからLinkedIn経由で仕事の紹介があるので、アカウント作るのはおすすめです。

 

LinkedInは、どちらかというとオフィス系の仕事(例えば営業や会計士やプログラマー)に良く使われているけど

レストランのウエーターやショップ店員などの仕事もあります。

 

LinkedIn

 

 

CareerOne
Indeed
Gumtree

 

他にも多くのジョブサイトがありますが、SEEKをやっていれば、ほぼ全ての求人をカバーしているので大丈夫です。

もし時間的に余裕があれば他のジョブサイトに登録しておくのも良いです。

 

 

日系のジョブサイトで仕事を探す

日系の仕事を探しているならば、Jams かNichigo Press が日系のジョブサイトです。

他にも都市ごとに日系ジョブサイトはあります。

 

Jams
Nichigo Press
Cheers (シドニー)
Dengon Net(メルボルン)
GO豪メルボルン(メルボルン)
GO豪アデレード(アデレード)

 

 

補足:英文履歴書(レジュメ)やカバーレターの書き方が分からない場合は、僕が以前に書いたブログ記事を参考にして見て下さい。

 

 

 

掲示板、日系の無料情報誌から仕事を探す

シドニーにはたくさんの留学エージェントがあり、仕事やシェアハウスの情報が掲示板に貼っています。

そこで、レアな仕事を見つけることができるかもしれませんが、日系の情報誌やウェブサイトに同じ情報があると思うので、掲示板をわざわざ見に行く必要はないかもです。

 

仕事場の近くなので、自分は個人的にトラトラシドニーに行ってます。

 

トラトラシドニー(タウンホール駅の真上のビル)
4/303 Pitt St, Sydney NSW 2000
Tel(02) 9286 3774

 

シドニーの無料情報誌(Nichigo Pressと Cheers)には、仕事の情報が載っています。

どちらも、月間発行で留学エージェント、日本食レストランや日系コンビニなどに置いてあります。

トラトラシドニーには、すべての日系の情報誌が置いてあるので、それらを取りに行くときに掲示板を見るのもいいですね。

 

 

お店の飛び込みから仕事を探す

ローカルのカフェやレストランに飛び込みで、Resumeを渡す。

これは勇気が必要かもしれませんが、一番効果的に仕事を得ることが出来ます。

 

特に夏は観光客が増えるため、サービス業界は人手不足になりやすく「Now Hiring」のポスターが、カフェやレストランに貼っているので、すぐに採用される可能性があります。

 

それに求人サイトでResumeを申し込むより、従業員と直接話したほうが仕事があるかないか聞けるので効率的でもあります。

 

ただResumeを渡してからどのくらい待てばいいのか、仕事の空きがいつ出るのか分かりにくいですが、、、もし仮に違う仕事が見つかった場合は、待つことはせずに始めてしまうのがいいです。

 

あとはResumeを配っているとき、どのお店に配ったのか忘れてしまうので、メモにチェックしておいたほうがいいです。

たくさんのResumeを持って、行くしかないですね。

 

 

友達、知人からのコネで仕事を探す

友達や知人が働いている場所で求人が出たら教えてもらうのも、ひとつの手段です。

レストランやカフェなどは良く求人を出すので、前もって友達や知人に仕事を探してることを伝えておけば、仕事が見つかる可能性は高くなります。

 

詳しくはあとで解説しますが、バックパッカーズやホステルなどは「Word of mouth (口コミ)」 で、仕事をゲットする人が多いです。

 

 

オーストラリアのワーホリの仕事

オーストラリアのワーホリの仕事には、現金収入(Cash in hand)と収入に所得税がかかるもの(Tax File Number必要)、2種類があります。

例えば個人経営の日本食レストランやカフェなどは、現金収入の仕事が多いです。

現金収入だと、同じ雇用者の下で6か月以上働けるので安定した収入を得ることが出来るかも知れないです。

 

しかし、その分時給は安い、違法なのでおすすめは出来ないです。

 

例えばローカルの大きめのレストランやカフェは、収入に所得税がかかってきます。

自分のTax File Number(TFN)を雇用者に伝え、所得税が給料から引かれます。あとで会計年度末(6月)以降に、自分で確定申告をする必要があります。

 

ほとんどのワーホリの仕事は下記になるかと思います。

 

 

カフェ
ジャパレス
お土産店
クリーニングスタッフ(ハウスキーピング)
フルーツピッキング
オフィス系
バックパッカーホステル

 

 

カフェ、ジャパレス

せっかく海外で働けるのだから、ローカルのカフェやレストランに挑戦するのがいいと思います。給料も、日系レストランの給料、$12 – $15と比べると、

オーストラリアの最低賃金($18.93 July 2018)はもらえるので、かなり嬉しい。

ローカルの友達も出来やすく、英語の勉強にもなります。

 

 

お土産店

お土産店にしばらく働いていましたが、おすすめの仕事ではないです。

在庫がないとよく倉庫に商品を取りに行ったりして、結構大変でした。

あと単純にお土産を売ること自体それほど楽しくなかったです。お土産について詳しくはなりますが。。。

基本は観光客との接客の仕事だから、あまり英語は使わなくても働けました。

 

 

クリーニングスタッフ(ハウスキーピング)

クリーニングスタッフ(ハウスキーピング)の仕事は、とても孤独な仕事でした。

仕事中は一人で働くので、単純に話す相手がいないです。黙々と掃除が出来る方にはおすすめです。仕事以外のときの休憩中とかは、割かし和気あいあいしてます。

仕事経験として残るので、ホテルを転々としながら、ハウスキーピングの仕事を得るときには役立ちます。

 

 

フルーツピッキング

フルーツピッキングはファームジョブとも呼ばれ、地方の農場で働くことです。出稼ぎ労働者もいて、かなりの高額を稼ぐことが可能です。

オーストラリアの暑い気候で、肉体労働な部分もあるから、体力あってガッツリ稼ぎたい人にはいいです。

ボーナスとしては、条件を満たせば セカンドワーキングホリデービザ(ワーホリの1年間延長)が得られることです。

これは、政府指定の地域で88日間以上の季節労働をする事が申請条件の1つとなっています。

3か月ぐらい、ファームジョブやりたい人はセカンドワーホリのビザ申請が可能かもしれないので、エージェントなどで前もって確認することをおすすめします。

 

 

オフィス系

僕は現在ローカル企業で働いていますが、将来的にローカル企業のオフィスで働きたいのなら、SEEKから仕事を探すのがいいです。

仕事がなければ、インターンシップとして入っても勉強になります。海外での働き方や仕事に対する価値観の違いなどが学べて、それが経験になる。

あとは履歴書にも書けるので、仕事探しのときにも有利になります。

 

 

バックパッカーホステル

おすすめの仕事はバックパッカーズホステルで働くことです。

バックパッカーズホステルでは色々な旅行者と話す機会があり、それは単純に英語の勉強にもなるのと、自分とは違った国籍の人達から違う価値観などを聞き経験することがあるので、普通に視野が広がるということ。

ただデメリット(人によってはメリット)は、バックパッカーは基本的に暇な人が多いので夜はパーティになる傾向が強く、お酒を飲むことが多くなるかもしれないです。

 

 

 

まとめ

ワーホリで仕事探しは、ローカルのウェブサイト(SEEK)を使って探すのがおすすめです。仕事もあるし、英語の勉強にもなる。

もしくは、日系の仕事を探すのであれば、日系のウエブサイトを使うのがいいです。

カフェ、レストラン、バックパッカーズの仕事を探す場合は、お店の飛び込みから探すのも効率的だと思います。

個人経営のところだと、ウェブサイトに求人などを載せる前に、求人の張り紙などをお店に出すことがあるので、直接聞くことも必要です。

ここで最後になりますが、ここまで読んでいただきましてありがとうございました。