海外就職・仕事

オーストラリアの就職で使う求人サイトのまとめ!【在住者が考える】

オーストラリアの学校を卒業して、どの求人サイトで仕事を探すのがいいかな?

 

 

こんな疑問に答えていきます。

 

こんにちは、タツヤです。

 

仕事を探している時は、毎日求人サイトをチェックしていました。

 

僕はオーストラリアの求人サイトを使って3社のローカル企業に採用されました。

オーストラリアの雇用の流れはとても速いので、毎日チェックした方がいいです。

それでも仕事探しは大変ですが。。。

 

今回はそんな僕の経験も踏まえて、オーストラリア就職の求人サイトや求人の選び方について解説していきます。

 

 

 

オーストラリアの就職で使う求人サイトはこれです

結論から言うと、オーストラリアの就職で使う求人サイトは

SeekとLinkedInを使っていれば、ほぼ大丈夫です。

 

ですが、

 

実際には多くの求人サイトがあり、意外と用途別になっているので、そこを詳しく解説していきます。

 

まずは、

 

ローカル企業と日系企業の仕事によって変わります。

 

 

ローカル企業の仕事を探す場合

Seek

ぶっちゃけ、オーストラリアでもっとも使われている求人サイトです。

無料で履歴書やカバーレターを自分のアカウントに保存することが出来て、そこから気に入った求人に応募する事ができます。

僕もSeekを一番使っていて、職種に対しての求人数が多いので、時間がない方はこのサイトだけ見ていればOKだと思います。

リンク:https://www.seek.com.au/

 

 

 

LinkedIn

オフィス系で働くなら、LinkedInは必須でしょう。

ホワイトカラーの仕事が多く、気になる会社やエージェントをフォローして求人情報を見ることが出来ます。

特定の業界のリーダーをフォローして、業界の情報などを知る事が出来ます。

 

あとは元同僚と繋がって近況報告や口コミで仕事情報などを聞くことも出来ます。

 

エージェントも気軽に転職の誘いのメッセージを送ってくるので、そこからコネクションを作ることも出来るので便利です。

 

リンク:https://www.linkedin.com/

 

 

 

Indeed Australia

僕はあまり求人では使ってないですが、職種別の給料データが詳しいです。

実は求職者の登録が一番多い求人サイトで、雇用者にとっては多くの求職者が見れるサイトです。

アカウントは作っておくといいかもです、履歴書を保存して仕事の応募をすることができます。

リンク:https://au.indeed.com/

 

 

 

Adzuna

別の求人サイトに載っている仕事も検索エンジンで調べることが出来て、給料や会社名などで細かく絞っていくことが出来ます。

 

あとは自分の履歴書の価値や職歴をもとに昇給のタイミングとかを教えてくれる機能があります。

自分がどの程度の給料を貰えるのか知ることができるので、とても便利です。

 

リンク:https://www.adzuna.com.au/

 

 

 

CareerOne

昔はSeekと同じぐらい良い求人サイトでしたが、最近はパッとしないです。

恐らくSeekを使っていれば、求人はカバーされると思います。

僕は使ってないです。

リンク:https://www.careerone.com.au/

 

 

 

Glassdoor

求人も載っていますが、

面白いのは従業員からの会社のレビューや給料について書いてあるところです。

 

気になる会社があれば、Glassdoorで従業員のレビューをチェックしてみるのがいいです。

 

リンク:https://www.glassdoor.com.au/

 

 

 

Grad Connection

学生向きの仕事やバイト、インターンシップ、卒業後のGraduate Programなどの仕事が主にあります。

 

僕はこの求人サイトを社会人になってから知ったので、

学生の時に知っていれば良かったです。。。

 

学生の方はインターンとかで必要な求人サイトですね。

 

リンク:https://au.gradconnection.com/

 

 

 

Gumtree

ホスピタリティ、サービス、工場、建築系の仕事が多く載っています。

ワーホリとかで短期の仕事を探している場合には利用すると良いです。

リンク:https://www.gumtree.com.au/jobs

 

 

 

 

日系企業の仕事を探す場合

JAMS.TV(オーストラリア全土)

仕事以外にもニュースやシェアハウスなど盛りだくさんの情報が載っています。

仕事は州ごとに分かれていて見やすいです。ワーホリや学生の仕事が多い感じです。

僕が見た時はストロベリーファームの仕事が多かったです。

リンク:https://www.jams.tv/

 

 

 

NichiGo Press(オーストラリア全土)

Jamsと似ていて、ニュースやシェアハウス、そして個人売買があります。

仕事も州ごとに分かれているので、探しやすいです。

レストラン、特にシドニーのラーメン情報が面白いです。。。

リンク:https://nichigopress.jp/

 

 

 

Cheers(オーストラリア全土)

JamsやNichigo Pressと似ていて、シェアハウスや個人売買もあります。

求人数は少なめです。

ワーホリや学生のバイトの仕事が多かったです。

リンク:https://cheers.com.au/

 

 

 

オーストラリア掲示板(オーストラリア全土)

オーストラリアに在住している人や興味がある人に向けたクラシファイドサイトで、仕事の求人、シェアハウス、個人売買の情報が載っています。

リンク:https://kaigai-bbs.com/aus/

 

 

 

Staff Solutions Australia(オーストラリア全土)

仕事や留学の情報が載っています。

仕事の種類もホワイトカラー系が多く、会計、IT、セールス、マーケティングなどの職種で日系の企業を狙っているなら、便利なサイトです。

 

永住権や卒業ビザ、そしてワーホリビザでオフィス系の仕事に挑戦したい人に向いています。

 

リンク:https://www.ssaust.com/

 

 

 

その他の州ごとの求人サイトは下記です。

 

Dengon Net(メルボルン)

GO豪メルボルン(メルボルン)

GO豪アデレード(アデレード)

 

 

ローカル企業の求人サイトのほうが圧倒的に求人数が多いので、多少英語の不安はあっても、思い切って挑戦してみるほうがいいです。

 

それに、エージェントや雇用者からは、ほぼ連絡がこないと思っていいので、

実際は数打たないと仕事は見つからないし、どんどん気落ちせず応募していくことが大切です。

 

 

 

オーストラリアの求人サイトをどうやって使うか

僕が求人サイトを使っている時は下記を心がけていました。

 

 

  1. オーストラリアの求人サイトは毎日チェック
  2. 履歴書・カバーレターはもちろんしっかりと書く
  3. 履歴書のProfessional Summaryはつかみの部分なので、しっかりとスキル、経験や実績をアピールする。
  4. 具体的なスキルや職歴も書く。
  5. カバーレターも転職エージェントや企業のHRに向けて、しっかりとアピールする。自分のスキル、経験や実績がどのように求人ポジションに合っているか、会社に貢献できるかなどを書く。
  6. 取りあえずは数を打たないと返事もこないので、しつこく応募する。
  7. LinkedInを使って気になる企業や転職エージェントそして知り合いの社員をフォローして、メッセージを送ってみる。HRにもアピールしてみる。

 

 

オーストラリアの就職活動では仕事経験がある人、そうでない人が一斉に仕事を探しているので、

 

仕事経験がない人はまず返事が来ないので、その覚悟が必要です。

 

とは言え、あまりガッカリせず、ストレス溜めず、適度に頑張るのがいいです。

 

 

 

 

オーストラリアの就職で求人選びは職種や業界を考えた方がいい

オーストラリアの就職で求人選びは職種や業界を考えた方がいいです。

オーストラリアの就職では専門性や業界経験が重視されるからです。

 

僕の職歴も業界や専門性が絞られています。

だから言い方によっては、特定の業界での仕事探しは楽になるけど、違う業界に行って仕事を探すのは大変になる場合があります。

 

例えば自分の職歴の中でBig 4で働いていた経験があれば(実際はないですが)、その後の転職で業界が異なっていても、

Audit(監査)の経験から、幅広くビジネスを知っているので、違う業界に行ってもビジネスの知識があるとされ、採用はされやすいのです。

 

 

例として、僕が今まで働いていた業界は下記です。

 

 

1社目 ⇒ 宿泊施設と観光業界で経理の仕事
2社目 ⇒ 観光系不動産業界の経理の仕事
3社目 ⇒ 商業施設の不動産業界の会計の仕事

 

 

最初は宿泊施設・観光業界で働いて、転職をして不動産部門に配属されたのをキッカケに、そこで経験を積み、そこから商業系の不動産業界に転職して現在も働いています。

今までやって来た仕事の共通点は宿泊施設やリゾート系のマンション、そしてオフィスビルなど、不動産業界となります。

 

 

僕が新しい仕事を探すとしたら、不動産業界で会計士の職種だったら、

それほど苦労することなく仕事を見つけることが出来ると思います。

 

 

同じ専門性(会計)で業界(不動産)も絞っていけば、あとは経験年数があれば、就職では有利になります。

 

 

だからオーストラリアで求人案件を見る時は、職種や働く業界を考えるのも大切です。

 

 

 

 

まとめ

どうでしょうか?

オーストラリアの就職で使われる求人サイトのまとめと、求人案件を見る時は専門性や働く業界を考えるのも大切です。

最初の頃は、仕事を応募しても返事が来ない時が多いですが、諦めずに数を打って頑張っていきましょう。その内エージェントから連絡があります。

色々と書きましたが、今回はこの辺で最後にします。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。