海外就職

オーストラリアで海外就職するならこんな資格がいい【在住者が考える】

海外就職したい人
海外就職したい人
オーストラリア就職におすすめな資格があれば知りたいな、
できたら費用や時間も知りたいな

 

こんな疑問に答えていきます。

 

こんにちは、たつやです。

 

シドニーの大学院で会計の勉強をして、卒業後から現地企業で働いています。

 

オーストラリア就職では、仕事経験が大事だけど、もし経験が少ない場合は資格で周りに差をつけるのもいいです。

 

今回は、僕の経験も踏まえて、オーストラリア就職で大切な資格や専門性について解説していきます。

 

この記事が、将来オーストラリアで海外就職を狙っている人の参考になれば幸いです。

 

オーストラリア就職では資格や専門性があると有利

オーストラリア就職では資格や専門性があると有利です。

会社の採用条件で、資格や専門性がないと就職が難しいからです。

僕が会計士としてオーストラリアで就職するには、大学で会計を学んで専門性を身につけて、そこから就職活動をしないと、全く相手にしてくれません。

さらに会計士としてCPA(公認会計士)の資格がないと、将来のキャリアアップも難しくなります。

 

だから基本的には下記のように、何かしらの資格や専門性が大切なのです。

 

 

オーストラリアの学校で専門性や資格を勉強

学んだ専門性や資格を使って就職

 

 

さらに資格や専門性を勉強するにあたって、オーストラリアの雇用の需要も考えることが大切です。

というのも、

 

雇用の需要がないのに、その資格や専門性を身につけても、

将来仕事がなかったら、意味がないからです。

 

とくに日本人がオーストラリアに移住して仕事をする場合は、

 

将来の需要 + 永住権が取りやすい

 

を考えて職業を選ぶことが大事です。

 

オーストラリアで一番使われている求人サイト、Seekを見ると、今後5年(2019-2024年)の職業別の雇用の伸び率が分かります。

 

例えば、こんな感じです。

 

  • ソーシャルワーカー 29.3%
  • プログラマー 23.4%
  • シェフ(Cook) 16.1%
  • 正看護師 11.7%

 

Sources: Seek Career Advice, Labour Market Information Portal

 

 

これらの職業は、今後も需要があり永住権にも繋がるので、オーストラリアで長期的に働きたい人にはおすすめです。

 

決して安くない費用と時間だから、じっくりと職業を考えたいです。

 

オーストラリアで永住権につながる職業リスト【専門スキルが有利】オーストラリアで永住権を取るのは簡単ではないけど、不可能ではないです。僕はその可能性を信じて、大学院で会計の勉強、そして会計士で永住権を取得しました。今回、この記事では永住権につながる職業リストを紹介しています。そして、この記事が将来オーストラリアで永住権を取得したい人の参考になれば嬉しいです。...

 

資格にかかる時間と費用

今回は一部ですが、資格や専門性を取得するのにかかる時間と費用を解説していきます。

 

ソーシャルワーカー

大学でBachelor of Social Workを取る。

例えばWestern Sydney University

Full-time 4年間、コースの費用は$104,960

 

プログラマー

大学でBachelor of Computer Scienceを取る。

例えばUniversity of Wollongong

Full-time 3年間, コースの費用$101,520

 

シェフ(Cook)

専門学校でCertificate IV in Commercial Cookeryを取る。

例えば公立の専門学校、TAFEだと

Full-time 1年、コースの費用19,440

ですが、1年のコースと短いので、永住権には繋がらないです。

なので、私立の専門学校でDiploma of Hospitality Managementのコースを終えると、卒業ビザ(18ヶ月)がもらえるので、

その期間は就労活動ができるので、そこから永住権に繋げる事も出来ます。

例えばEvolution Hospitality Instituteだと

Full-time 2.3年、コースの費用$26,600

となっています。

 

正看護師

大学でBachelor of Nursingを取る。

例えばThe University of Adelaide

Full-time 3年間, コースの費用$106,500

入学の英語の基準が高いので、そこが大変そうです。

IELTSでそれぞれのスコアが7以上。英語が得意でないなら、併設されたEnglish Language Centreに通ってから、テストなしで入学するしかなさそうです。

アデレードがあるSouth Australiaは地方都市に入るので、永住権を申請する上で地方ポイントが加算されるのでお得です。

 

会計士(番外編)

会計士の仕事も安定した求人数(3841、2020年4月現在)はあるのですが、今後の伸び率(9.7%)だけを見ると低いので、今回は割愛させて頂きました。

ただ、資格として日本で取得しておくと、便利なUSCPA(米国公認会計士)があり、オーストラリア就職には有利です。

 

USCPAからオーストラリアの公認会計士になる方法【相互承認制度】もしUSCPAを持っているなら(これから取ろうかと考えてる人も)、相互承認制度を使えばオーストラリアで公認会計士になれるのです。それも、オーストラリアにある会計団体の二つもです。Chartered Accountant Australia and New Zealand (CA ANZ)とCPA Australiaです。とはいえ、二つ取得する必要もないですが、、、今回はUSCPAから相互承認制度を使ってオーストラリアで公認会計士になる方法について解説していきます。この記事が将来オーストラリアで公認会計士になりたい人の参考になれば幸いです。...

 

オーストラリアで得た資格や就職した経験は役に立つ

オーストラリアで得た資格や就職した経験は役に立ちます。

僕はオーストラリアに来る前から、英語の勉強をコツコツとやり、シドニーでも更に勉強したおかげで、IELTS 6.5(Academic) を取得することができました。

 

もともと英語偏差値50以下だった僕にしては、かなりの上出来です。。。(嬉)

 

だから、オーストラリアに来たら英語の勉強と同時に、何かしら英語の試験を受ける事をおすすめします。

ただ目標なく英語を勉強するよりは、英語の資格のために勉強をするとモチベが上がるからです。

 

僕も語学学校でケンブリッジ英語検定のコースを取ったことがあり、クラスメートもヨーロピアンが多く、普段の会話もハイレベルだったので、とても刺激になりました。

コース終了後には、英語検定の資格をもらう事も出来て、ジェネラルのクラスよりは、満足度は高かったです。

 

英語力ゼロの僕がどうやって勉強してオーストラリアで海外就職できたか英語力ゼロだった僕が勉強してオーストラリアで海外就職した方法です。英語偏差値50以下でも勉強すればシドニーにある現地企業で会計士として働けます。ただ「海外に暮らしたい」という思いだけでしたが、何とかここまで来ることができました。そして苦手だった英語も、今では職場で毎日使っています。海外就職に必要な英語について解説していきます。...

 

オーストラリアで取れる英語関連の資格

 

英語資格

ケンブリッジ英語検定
IELTS
TOEIC

 

英語教授法の資格

TESOL
J-shine

 

などがあります。

 

IELTSやTOEICはあまりにも有名なので、ここではあえて説明はしないですが、

このような英語資格や英語教授法を取得すれば、海外で働く自信にも繋がるし、日本で英語を使った仕事にも就きやすいので、良い選択だと思います。

 

ケンブリッジ英語検定

ヨーロッパで有名で高い認知度があります。前にも書いたように、僕もケンブリッジのコースを取ったことがあり、クラスメートはほとんどがヨーロピアン。

彼らは資格を取ったら履歴書にも書くと言ってたぐらい、使える英語検定です。

 

TESOL

TESOLは英語教師を目指す人で、さらなるスキル向上のために学ぶものです。英語教授法の基本やティーチング理論、異文化コミュニケーション論などを総合的に身につけていきます。コース(Certificate)から学位(Degree)まであり幅広く学べます。

 

J-shine

J-SHINEは小学校英語指導者資格で計6週間のプログラムです。小学校での英語活動、英会話教室、学習塾、インターナショナルスクールで働けたりと人気のコースです。

 

その他にも永住権には恐らくは繋がらないけど、今後の雇用の伸び率が高い人気の職業は下記です。

 

  • ビューティーセラピスト(Beauty Therapist)19.7%
  • バリスタ(Barista)10.9%

 

Sources: Seek Career Advice, Labour Market Information Portal

 

短期間のコースで勉強、そして資格を取ることも出来ます。

その後はワーキングホリデーのビザを利用して、現地で働くことも出来るので、

 

英語 + 資格 + 仕事経験

 

を得ることが出来れば、将来の自分の強み+自信にも繋がります。

 

ビューティーセラピスト

ビューティーセラピストはサロン(salon)やスパ(spa)で働くことできて、僕なんかもショッピングセンターに行くと、そういったお店を目にします。あとはデパートなどの化粧品売り場でも仕事はあるようです。

ビューティーセラピストとして働くには、TAFEなどの専門学校で資格を取得する必要があります。

Certificate IV in Beauty Therapy (SHB40115)

Full-time 1~1.5年間、コースの費用$18,750

 

バリスタ

オーストラリアではカフェの需要は高く、僕はシドニーに来てから、カフェの多さに物凄く驚きました。

僕の友達もバリスタとしてカフェで働き、その後は独立してカフェを経営するようになりました。

学校に行っても良いですが、基本はカフェでHead Baristaから仕事を通して教わるのが良いとされています。

 

まとめ

オーストラリア就職するには資格や専門性を現地の大学や専門学校で学んでから、就職するケースがほとんどだと思います。

長期的に働きたいなら、仕事の需要があり永住権が取りやすい職業を選ぶことが大事です。

さらにビューティー系、バリスタ、英語資格教授法などの資格や仕事経験があれば、日本で働くこともできるし、再度海外で働くチャンスにも繋がると思います。

将来どこで何をしたいのかによって、取得する資格や専門性を選ぶのが大切かと思います。

色々と書きましたが、今回はこの辺で最後にします。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。