海外就職・仕事

オーストラリアの就職に学歴って大切?それとも仕事経験のほうが大切?

オーストラリアは学歴社会?就職では学歴って必要?

 

こんな疑問に答えていきます。

こんにちは、タツヤです。

日本の学歴社会で上手くいかず、オーストラリアでやり直しました。

僕はシドニーにある大学院を卒業して、現在は会計士としてローカル企業で働いています。

オーストラリアでは就職に学歴は大切だけど、日本の学歴社会のそれとはちょっと違います。

この記事では僕の経験をもとに、オーストラリアの就職や学歴について解説していきます。

 

 

オーストラリアの就職に学歴って大切?それとも仕事経験のほうが大切?

オーストラリアの就職に学歴、仕事経験は必要かどうか、ポイントは下記です。

 

◦オーストラリアの就職では学歴は大切
◦日本の学歴は関係ないからオーストラリアで人生逆転
◦オーストラリアでは学歴より仕事経験が重要
◦オーストラリアで学歴はキャリアチェンジに必要

 

ここから深く解説していきます。

 

オーストラリアの就職では学歴は大切

オーストラリアの就職では学歴は大切です。

仕事にもよるけど好成績で有名大の学歴があった方がキャリアアップはしやすいからです。オーストラリアには日本のように新卒一括採用がないので、仕事経験が少ない新卒者にはどうしても仕事をゲットするのが難しくなります。

だから学生の時からインターンシップやGraduate Program(卒業後1~3年まで)を視野に入れて卒業後のキャリアに繋げるのが大事です。

 

企業へのインターンシップやGraduate Programは

 

大学名+好成績+α

 

で決まるので

良い大学で好成績、あと+αで例えばイベント等やボランティア活動をしているとかです。インターンシップなどで仕事経験を積んでいき、あとは転職しながらキャリアを作っていくのが大切です。

 

とは言え、大学の勉強とバイトで忙しいのが現実だと思います。

だから在学中のバイトを活かすのです。

 

僕はそれほど有名でないシドニーにある大学院(CQ University)を卒業したけど、勉強が忙しくて、在学中にインターンシップやGraduate Programのことは考えなかったです。

ただ在学中からバイトはしていて、卒業して直ぐにバイト先で就職が決まったので良かったです。

 

もし在学中にインターンシップや卒業後のGraduate Programに挑戦することが出来たら(視野を広げる意味でも)、また違ったキャリアを作れたかも知れないです。

だからチャンスがあるなら、是非インターンシップやGraduate Programに挑戦することをオススメします。参加しているのはオーストラリアでも有名な企業なので、そこで仮に仕事経験を得ることが出来たらその後のキャリアに役立つと思います。

 

参考リンクからインターンシップやGraduate Jobを探す事が出来るので興味がある人は見て下さい。

参考リンク:インターンシップやGraduate Jobのサイト

https://gradaustralia.com.au/

 

 

オーストラリアのGroup of Eightで挑戦するのもあり

Group of Eightはオーストラリアの大学ランキングでも上位を占める有名な8大学です。そこで勉強を頑張り好成績を取って、優良企業とインターンシップやGraduate Programなどを利用して、良いキャリアをスタートさせることも可能です。

日本の大学のように一発試験で大学合否が決まるわけではないので、誰にでも入学するチャンスはあります。

日本の学歴社会に悩んでいる人は、Group of Eightの大学に限らず、 オーストラリアの大学に入り逆転人生を送ることも可能です。

 

Group of Eightは下記の大学です。

 

University of Adelaide (SA)
Australian National University (ACT)
University of Melbourne (VIC)
Monash University (VIC)
University of New South Wales (NSW)
University of Queensland (QLD)
University of Sydney (NSW)
University of Western Australia (WA)

 

参考リンク:Group of Eightについてのサイト

https://go8.edu.au/

 

 

日本の学歴は関係ないからオーストラリアで人生逆転

日本の学歴は関係ないから、オーストラリアで人生を逆転できます。

オーストラリアの大学への入学は難しくなく(卒業するのは大変。。。)、そこで勉強を頑張れば良い仕事に恵まれるからです。

僕は日本のいわゆるFラン大学卒で学歴社会では上手くいかずモヤモヤした人生を過ごしていました。大学卒業後に一年ほど就職したけど辞めて、フリーターをやって暮らしてました。

 

Fラン大学卒
フリーター
しかもアラサー

 

では日本の学歴社会で生き残るには辛すぎた。。

 

そんな理由もあり、後は永住権のチャンスもある事を知り、オーストラリアの大学院に行くことを決めました。

大学院への手続きは簡単で

 

英語テスト(IELTS)
日本の大卒の証明書
筆記試験はなかったです

 

僕は大学院に行く前にカレッジでDiploma of Businessを勉強していて、そこから編入しました。英語とかに自信がない人は語学学校(1~3ヶ月)やDiploma of Business(1~2年)などのコースに前もって行くのも良いかと思います。

 

僕の場合は

 

ワーホリ(1年)→語学学校(約2ヶ月)→ディプロマコース(1年半)→大学院(1年半)

 

語学学校やディプロマコースは簡単でしたが、大学院での勉強は大変でした。

 

大学院での頑張りがその後の自分の将来を決める

 

と思えば、是が非でも気合いで勉強して好成績を取り就職に繋げて、そして永住権を取得する意気込みが凄く大切です。

日本の学歴は関係ないので、オーストラリアでは良い学歴を目指しましょう。

 

 

オーストラリアでは学歴より仕事経験が重要

オーストラリアでは学歴より仕事経験が重要です。

転職が頻繁に起こるオーストラリアでは欠員募集が良く行われ、欠員補充のための即戦力が必要だからです。

僕は商業系の不動産業界で会計士として働いているけど、この業界は転職が頻繁に行われます。同僚は転職で競合他社に行き、しばらく他社で働き経験を積んでから、上のポジションの欠員募集で同じ会社に採用されて戻ってきました。

 

日本では「ブーメラン社員(出戻り)」は一般的ではないけど、オーストラリアでは良くあります。

 

同じ業界の競合他社で関連した仕事経験がある人材などは即戦力になるので引っ張りだこです。

面接では学歴よりは競合他社での仕事経験があるか見られるし、その方が実用性があり一から教える必要もないからです。

だから学歴よりは関連した仕事経験があるか、しかも同じ業界の職歴があることは就職には大切なのです。

 

 

オーストラリアで学歴はキャリアチェンジに必要

オーストラリアで学歴はキャリアチェンジに必要です。

違ったキャリアに進むために学校で専門性を身につける必要があるからです。僕の友人はシドニーの郊外にある市役所でずっと働いてましたが、仕事を辞めてTEFE(オーストラリアの専門学校)に行き経理の勉強を始めました。

将来的には経理や簿記の仕事をゲットしてキャリアチェンジをしていく予定です。

 

新しいキャリアに進みたい ← 専門性やスキルが必要 ← 学校で学び直す

 

オーストラリアでは年齢に関係なく、キャリアチェンジをすることが多く。そのために学校に戻って必要なスキルや知識を学び直すことが良くあります。

再就職する際も学校で学んだことが、仕事に関連しているのが条件となるので、ここでも学歴は大切になります。

 

 

 

まとめ

どうでしょうか?

オーストラリアの就職には学歴は必要だけど、日本の学歴社会のそれとは違います。

新卒一括採用がないオーストラリアでは、仕事経験がない学生ならインターンシップやGraduate Programなどに参加して、そこで仕事経験を積んで就職に繋げて行くのが大切です。

仕事経験があれば大学名とか関係なくキャリアを作っていけるのが、オーストラリアのいい所だと思います。

色々と書きましたが、この辺で今回は最後にします。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。