海外就職・仕事

オーストラリアで海外就職するにはスキルがないと難しい【経験談】

オーストラリアに海外就職したいけど、どんなスキルが必要か分からない。スキルなしでもいいのかな?どうやったら海外就職できるのかな?

 

こんな疑問に答えていきます。

 

こんにちは、タツヤです。

 

先日こんなツイートをしました。

 

 

 

ぶっちゃけ、英語力はあっても、スキルがないと現地就職は難しいです。

 

僕はスキルがなかったので、シドニーにある大学院で会計の勉強をして専門性を身につけて、そして現地就職しました。

 

今回は僕の経験も踏まえて、オーストラリアで現地就職するのに必要なスキル、そこからどうやって就職に繋げていくのか解説していきます。

 

この記事が少しでも海外就職や移住を考えている人の参考になれば幸いです。

 

 

オーストラリアで海外就職するにはスキルが大切

オーストラリアで海外就職するにはスキルが大切です。

言葉や就労ビザの問題がないオーストラリア人はどこでも働けますが、僕らのような外国人は、オーストラリアで求められているスキルを身につけて、そこから就職に繋げていくしかないのです。

 

僕がシドニーにある大学院を卒業した頃もそうでした。

 

当時は、会計士、パティシエ、シェフ、ヘアドレッサー、、、などが就職に強いスキルでした。そして、留学生で移住に興味がある人は、これらの職業になるために学校を選んでいました。

僕自信は会計士を選び、卒業と同時に現地就職することが出来ました。

友達はパティシエになるために、シドニーにある専門学校でスキルを身につけてから、ホテルのキッチンでパティシエとして就職することができました。

 

このように、外国人がオーストラリアで就職するには、求められているスキルを身につけてから、そこから現地就職に繋げていくのが大切です。

 

『やっぱり学校に行かないといけないのか~』と思うかもですが、

 

30歳前だったらワーホリのビザを使って現地で働き、そこから現地企業にスポンサーになってもらい移住に繋げることも可能です。

 

例えば、僕の友達は日本でシェフだったのですが、ワーホリでシドニーに来てジャパレスで働き、ワーホリ終了後はレストランにスポンサーになってもらいました。その後は永住権を取得することができました。

 

別の友達はイギリス人ですが、シドニーにワーホリビザで来てBig 4で働き、その後シドニーにある現地企業からスポンサーをしてもらい、将来的に移住しようと挑戦しています。

 

いずれにしても、オーストラリアで就職するにはスキルが大切なのです。

コロナの影響で海外に来れないのなら、日本でスキルを身につけて、オーストラリアの就職に備えるのもいいかと思います。

 

 

オーストラリアで海外就職するにはスキル選びも大切

オーストラリアで海外就職するにはスキル選びも大切です。

需要のあるスキルを選ばないと就職が難しいからです。

 

たまに『自分のやりたい仕事に就きたい~』という人もいますが、これだとぶっちゃけ就職は難しいです。。。

 

企業としても、ビザの問題がある外国人を採用したくないし、オーストラリア政府から求められていない職業だと、就職や移住も難しくなります。

 

オーストラリアの大学を卒業してから現地就職して、その後、将来的に永住権に繋げるなら、必要なスキル(職業)は限られてきます。

 

技術職業リスト、Skilled Occupation List (SOL) というのがあり、

『これらの職業だったら永住権の可能性があるよ』というものです。

 

詳しくは移民エージェントかSOLのリストを見て欲しいのですが、どれも専門スキルのあるものばかりです。

 

ただオーストラリアの将来的な需要も考えると、

ヘルスケア系、ソーシャルアシスタント系、建築系、プロフェッショナル系(会計士、IT、エンジニアなど)、教育系(Education)の雇用の伸び率が高くなると予想されるので、

正看護師、ソーシャルワーカー、エンジニア、プログラマーなどがオーストラリアで就職するなら、将来的にも需要のある職業です。

詳しくは豪政府のJob outlookを参考にしてみて下さい。

 

また先日のニュース記事にもありましたが、留学生のような一時滞在ビザ(Temporary visa)で、専門スキルを身につけた人は、ビザの手続きを早くして、積極的に受け入れるようです。

ちなみに、これらの職業は上記の職業以外に、医者、建設現場のプロジェクトマネージャー、助産師などがありました。

 

僕からすれば、あまりに高学歴で専門職すぎて、現実味がないですが。。。(-_-;)

 

勉強に自信がない人は、大学や大学院に行かなくても、専門学校(TAFEとか)に通って専門スキルを身につけることができます。

例えば、シェフや職人系、ペンキ、配管、屋根、ガラス、大工

これらの職業でも、移住に繋げることが可能なのです。

 

だけどコロナの影響で経済は完全に回復していないので、仕事探しは難しくなると思いますが、、、現実は大変です。

 

結局は、自分に合った需要のあるスキルを選ぶのも大切です。移住のためとはいえ、少しでも自分に合っている専門スキルを学ぶほうが、勉強も楽しくなるからです。

僕も会計の勉強をしている時は、ビジネス系の科目は面白かったですよ !(^^)!

ということで、スキル選びは大切なのです。

 

 

 

オーストラリアの大学でスキルを身につけても現地就職は大変

オーストラリアの大学でスキルを身につけても現地就職は大変です。

やはり留学生はローカルの学生に比べて、ビザの問題があるからです。

 

すみません、これから留学そして現地就職を考えている人には、ちょっと厳しい話です。

だけど、事実も知ったうえで留学を決めるのが大事だと思います。

 

先日こんなニュースがありました。

 

IT専攻の留学生がメルボルンにある大学院を卒業後、IT系の仕事がどうしても見つからなくて、結局タスマニアにあるランドリー工場で洗濯の仕事をすることになった。

という記事です(その後は幸いなことに、彼女はオフィス系に異動になりましたが)。

 

このように、いくら大学院で専門スキル(ここではITの知識)を学んでも、仕事経験がない、永住権がない、だと現地就職するのはかなり厳しいのです。

だから在学中から頑張ってインターンやバイトで専門性を活かせるような仕事経験を得ることが大事です。もしくはそれに近い仕事です。

 

それでも今はコロナの影響で、インターンを中止する企業が増えていて大変ですが、、、頑張っていくしかないです(ファイト!)。

 

留学から海外就職するならやったほうがイイこと

これから留学する方は下記のことを考えたほうがいいです。

 

① 日系企業で日本語を活かして現地就職する
② 在学中に気合いをいれてコネを作る

 

① の日系企業で働くは、どちらかというと最終的な手段として考えたほうがいいかなと思います。せっかくオーストラリアにいるのだから、オーストラリア企業で働いたほうがいいです。でも、どうしても現地企業で就職が難しいのなら挑戦したほうがいいです。

ただ日系企業だと残業や日本的な働き方があり、大変そうですが。。。

 

② これが本質ですが、オーストラリアではコネが大事で、就職する時も知り合い経由で仕事を見つけることが多々あります。

例えば、職場内で欠員が出ると、同僚に『仕事経験のある人』がいないか聞いたりします。だから実際は求人サイトで求人情報を出す前に、ほとんどのポジションは口コミで決まってしまうことが多いのです。

 

つまりバイトやインターンで会社内部の社員と知り合いになってしまえば、欠員募集している時に、声がかかるかも知れないのです(あとは積極的なアプローチも必要)。

 

このチャンスを使っていくのがいいです。

 

あとは頑張って即戦力になるような仕事経験をつけていくのです。

 

雇用主が求めるのは、

スキル=専門性+仕事経験があるかどうか、即戦力になるかを見ているからです。

 

留学中は課題やテストなどで忙しいですが、② のコネと、どうやったら企業の求める即戦力になれるかを考えながら、学生生活を送るのが現地就職に繋げるのに大切です。

 

 

まとめ

どうでしょうか?

オーストラリアで就職を目指すなら、何かしらのスキルを身につけて、仕事経験を得ることが大切です。僕も未経験でしたが、スキルを身につけて就職することができました。

焦らずコツコツと需要のあるスキルを身につけて、仕事経験+即戦力になるよう頑張っていくのが大切です。

今回も色々と書きましたが、この辺で最後にします。ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。