海外生活

レールから外れて海外に行ったら人生を楽に生きられるようになった

 

こんにちは、タツヤです。

 

海外に行ったら、人生が楽になりました。

 

 

先日、こんなツイートをしました。

 

 

 

 

自分で言うのもなんですが、人生のレールから外れた生き方をしていると思います。

 

今でこそオーストラリアで楽しく暮らしていますが、

 

日本にいた時は会社辞めてフリーターになって、

人生への不安や悩みは結構ありました。。。(悲)

 

 

この記事では日本のレールから外れて海外に行ったら、どのようにして人生が楽になったのか、悩みや不安がなくなったのかについて解説しています。

 

 

 

レールから外れて海外に行ったら人生を楽に生きられるようになった

海外に行ったら、人生を楽に生きられるようになりました。

やっぱり日本みたいに人生のレールから外れてもヤバイという雰囲気がないからです。

 

オーストラリアに来る前、日本では悩みや不安がありました。

 

例えば下記です。

 

 

みんなに合わせないと不安
学歴社会に負けていい会社に入れない悩み
会社での残業や人間関係の悩み
会社を辞めてフリーターになり将来への不安

 

 

このような悩みや不安は、オーストラリアに来てからなくなりました。

 

 

ここから深く解説していきます。

 

 

 

みんなに合わせなくても大丈夫

みんなに合わせなくても大丈夫です。

当たり前ですが、人はそれぞれ違った考えを持っているからです。

 

オーストラリアに来て思うのは、たくさんの人種が暮らしているということ。たくさんの人種がいるからこそ、違った考えを持っているのが当たり前で、

 

 

お互いの違った考えを尊重して暮らしているから、僕には生きやすい。

 

 

日本にいた時に感じたのは、周りと同じ考え持って合わせることが、どちらかと言うと正義ということ。服装や髪型とかも、みんなと一緒のようにしなきゃいけない感じがあり大変だった。

 

 

オーストラリアに来てからは、みんなに合わせたるようなファッションは無くなり、それだけでも楽になりました。

 

 

お店を見ても、平気で鼻ピアスでタトゥーバリバリのお兄さんが、コーヒーをサーブしたりするので、かなり自分の好きにできる。

 

 

日本では大学に行くときの進路でさえも、「みんなが大学行くから僕も行かなきゃ」という考えがありました。

 

若い時に周りに流されず自分で進路を決めるのは難しいですが、オーストラリアにあるような「ギャップイヤー」とかを利用して、

高校卒業してから旅行などをして視野を広げてから、自分で考えて進路を決めることもできます。

 

 

だから周りに合わせることなく、自分に合った生き方を選んでも大丈夫です。

 

 

 

学歴社会に負けても人生終わりじゃない

日本の学歴社会に負けても人生終わりじゃないです。

日本の学歴は海外に出ると関係なくなるし、社会に出れば大学名より仕事経験が重要になるからです。

 

高校卒業してから、大学をいくつか受けたけど、落ちまくり。。。

その後、一浪して「Fラン大学」に入ったけど、なんだか日本の学歴社会に負けた感があり。

 

 

周りの考える「いい大学入って、いい会社に入る」というレールからは、、、ほど遠い人生でした。

 

 

言うなら、負け組ですか。。。

 

 

そんな僕がシドニーで会計士になって、それなりの生活をしてます(幸福度は高い)。

やっぱり永住権を取るために、会計士になることを決めたのが良かったです。

 

 

永住権を取るために大学院に行きました。ひょっとしたら大学院と聞くとすごいイメージがあるかもですが、

僕が勉強した大学院は有名ではなく、入学試験もない日本の大卒資格さえあれば入学できる学校でした。

 

周りの学生もほとんどが永住権を目的で入学した学生ばかりなので、

会計を学びたいから入学するのではなく「永住権を取得するステップ」として入学して来ました(もちろん純粋に会計学を学びたい学生もいたと思いますが、、、)。

 

 

行きたい大学があれば良いですが、ただ必ずしも

 

有名な大学 = いい仕事が見つかる、ではないです。

 

 

仕事探しの経験からも言えるのですが、実際に求められるのは、過去の会社での仕事経験や専門性がほとんどで、

 

労働市場に出てしまえば、大学名に関してはあまり聞かれないです。

 

日本の大学名に関しては履歴書にも書いてないです。

 

 

大学での専攻が仕事と関連してさえすれば、あとはその分野で実務経験を身につけるだけで、転職などを繰り返してやがていい会社で働くことも出来ます。

僕の場合だと、有名大学卒ではないけど転職を繰り返して、今では優良企業で働いてます。

 

 

だから日本の学歴社会に負けても、海外に出れば関係ないので人生終わりじゃないです。

 

 

 

会社での残業や人間関係の悩みはなくなる

会社での残業や人間関係の悩みはなくなりました。

家族や友達との時間を大切するので残業はほとんどない、オージーはフレンドリーなので上司や同僚との人間関係も基本良好だからです。

 

シドニーで会計士として13年近く働いているけど、これまでほとんど残業とかはしたことがないです。。。

 

仕事が終わってからの飲み会もないので、すぐ家に帰ることができます。

 

職場の上司や先輩後輩の厳しい関係もなく、上司との関係は上下関係というよりは横の関係で仕事の役割が違うだけで、

 

いつも命令されることはないです(上司というより同僚みたいな関係かも)。

 

あくまで個人に仕事が与えられて、その仕事をやるのみです。

 

日本みたいに叱責を飛ばされることはないです。。。(パワハラはタブーです)

 

 

新卒採用はほとんどないので、同僚は転職などで採用されてきます。新人でも実務経験があるから、逆に教えられることもあります。

 

 

だから職場で先輩後輩という関係はほとんど生まれないので、先輩との人間関係の悩みもないです。

 

 

 

会社を辞めても将来への不安はない

オーストラリアでは会社を辞めても大丈夫です。

それは年齢関係なく、いつでも再出発できるからです。

 

履歴書に年齢を書くことがないし、ほとんどの仕事に年齢制限はないです。

 

 

オーストラリア人の友達は大学を卒業してから就職、しばらく働いてから会社を辞めて、数年かけて海外にあるスキー場を転々として働いていました。

そんな彼がオーストラリアに帰ってきて、就職活動して割かしすぐに仕事を見つける事ができました。

 

それから何回か転職を重ねてキャリアアップして、今では大企業で働いています。

友達の行動力はスゴイですが、オーストラリアでは仕事を一年間ぐらい離れて休みを取る人は結構います。

 

仕事経験と専門性やスキルがあれば、再就職は難しくない。

 

仕事辞めて

 

人生のレールから外れる = 再就職が難しいではないです。

 

 

僕の場合だと35歳から会計士としてスタートして働いているので、年齢関係なく再出発できています。

 

 

年齢関係なく何かを学ぶために会社を辞めて挑戦することに対して、オーストラリアの社会環境は優しいです。

 

YouTubeでも解説しているので良かった覗いてみて下さい。

まとめ

僕は日本のレールから外れて海外に行ったら、人生が楽になりました。

人それぞれかと思いますが、日本で感じていた不安や悩みはオーストラリアに暮らしていてなくなりました。

日本でモヤモヤと悩んでいるなら、海外に行ってみるのも選択肢になるかもしれません。

きっと人生が楽になりますよ。

最後になりますが、ここまで読んで頂いてありがとうございます。